HOME>レビュー>合宿免許で失敗しないために知っておきたい注意点

合宿免許で失敗しないために知っておきたい注意点

運転

合宿免許を利用した方たちのリアルな意見を見ることで、利用時の注意点を学ぶことができます。持ち物や施設選びで注意することを学んでおけば、安心して免許取得に励むことができるのです。

レビュー

忘れ物をしないように

合宿免許で新潟に行きました。寮と学校が離れているため、送迎バスの時間に合わせて行動しました。とくに帰りは学校から一度小さなスーパーに停まります。そこで食べ物や日用品を買うのですが、時間が10分しかないので、大変でした。10分過ぎるとバスは容赦なく行ってしまうので、次のバスがまたスーパーに来るまで1時間近く待たなければなりません。合宿に合わせて荷物の準備は万全だったので、プリンやクッキーなどの夜食を買うだけで済みました。でも来た人の中には、色々買いそろえなければならない人もいて、買いものに時間がかかり、スーパーに取り残されてしまうという場面も実際ありました。また、スーパーに置いてない、コンタクトレンズなどの必需品を家に忘れて、親に送ってもらっている人もいました。これから合宿する人は、くれぐれも忘れ物に注意してほしいです。
[10代|男性]

学校によって費用が違うから注意

お金がないので、とにかく安い教習所を探していました。大学の生協に教習所のパンフレットがあり、目を通してみましたが、ネットで見つけた学校のほうが断然お得でした。とくに合宿免許だと、20万円を切っているところが多かったです。なので、合宿免許で、なるべく首都圏で探しました。祖父母が千葉に住んでいることもあり、馴染みがあったので、東京から千葉へ行くことにしました。電車で1時間半くらいかかりました。格安で利用したかったので、部屋は4人部屋で、まさに合宿という雰囲気でした。6畳ほどの部屋に二段ベッドが2つあり、いちおう各部屋にユニットバスがついていました。応接間にズラッとテーブルが並んでいて、そこで朝ご飯を食べたり勉強したりしました。
[20代|女性]